下関市の観光案内

  • HOME
  • 下関市の観光案内

角島大橋

角島大橋

7年間の着工を経て、総工費149億円をかけて2000年11月3日に開通した、山口県下関市と豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる角島大橋。離島に架かる橋のうち、無料で渡れる一般道路として日本屈指の長さ(1,780m)を誇り(2005年に沖縄県の古宇利大橋が記録更新)また、橋脚の高さを押さえて、周囲の景観に配慮した構造が自然景観保護の観点から評価され、2003年に「土木学会デザイン賞2003」の優秀賞を受賞しました。エメラルドグリーンの海をまたぎ、景観と調和した雄姿は、西長門海岸地域随一の景勝地として、山口県の新たな観光スポットに。
現在では数多くのテレビCMやロケ地として採用されています。

角島

角島

角島は4平方キロメートルほどの大きさで、その名は島の両端にある二つの岬「牧崎」「夢崎」が牛の角のように見えることに由来します。人口は約900人、漁業と農業が主な産業です。ハマオモト(ハマユウ)の分布北限地であり、島の西端には角島灯台(一等灯台)があります。角島灯台は、イギリスの技師により建てられたもので、石造り(総御影石)の灯台としては日本でも最も美しいとされています。灯台内部の105段の螺旋階段を上ると、360度絶景のパノラマが広がります。

福徳稲荷神社

福徳稲荷神社

全国的にはあまり知られていない神社ですが、実際ここに足を運んでみると、その存在感と荘厳さに驚くことと思います。この神社は「犬鳴のお稲荷さん」と呼ばれ、日頃から多くの人に親しまれてきました。とくに旧暦5月23日の「二十三夜祭」や初詣のときには、多くの参拝者で賑わいをみせます。ご利益の面でも、この「福徳稲荷神社」は魅力を充分に備えています。そのご利益は、「開運」「商売繁盛」「航海安全」「学業成就」「交通安全」「豊漁」と実に多彩。もちろん、定番のおみくじやお守りなども販売されています。

川棚温泉

川棚温泉

下関市の奥座敷とも呼ばれる「川棚温泉」。青龍伝説が残るそのお湯は、美肌効果が期待されるだけでなく、神秘のパワーが宿るともいわれています。また、下関から「角島」へ至るルートのちょうど中間地点に位置し、下関から日帰りで行ける立ち寄り湯として人気を集めています。川棚温泉は無色透明の塩化物を含むラジウム泉で、肌触りはサラサラ。効能は、ストレス解消、冷え性、美肌、婦人病、神経痛、外傷や骨折、打ち身、筋肉痛、関節痛など多岐にわたるといわれています。

一の俣温泉

一の俣温泉

一の俣川沿いに宿が点在する山間部にある温泉「一の俣温泉」。夏にはゲンジボタルが飛び交う幻想的な風景を見ることができ、6月のホタル祭り、9月のふるさと祭りは観光客で賑わいます。静寂な山間の中ひなびた雰囲気で、心身癒される湯里です。また、のどか山々を眺めてつかる滑らかなお湯は、日本でも有数の強アルカリ性単純泉を誇ります。内湯は、100%源泉のかけ流し。化粧水のような滑らかな湯として、温泉100選に選ばれました。

下関名物

瓦そば

瓦そば

山口発祥で、熱した瓦の上に茶そばと具をのせて、温かいめんつゆで食べる料理です。外はパリッと、中はモチっとふたつの味わいを感じられる料理です。

海鮮丼

海鮮丼

近い市場から仕入れた鮮度抜群の魚を使用した海鮮丼です。ひとつひとつの素材の品質も高く、必ず食べてほしい下関名物となっております。

Contact
ご予約・お問い合わせ

TEL:090-8356-0150

seaside villa HILIFEへご予約・お問い合わせの
お客様は上記電話番号または、
お問い合わせフォームより
ご連絡ください。

ご予約・お問い合わせ